LGBT

支援団体が北海道江別市にパートナシップ要望へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 北海道のLGBTなど性的少数者の団体や支援団体などは29日、江別市長に対し性的少数者のカップルをパートナーとして公的に認定する制度の導入を要望する。

 要望書を提出するのは、当事者支援をする行政書士や社会保険労務士による一般社団法人「ENISHI」と札幌市を中心とした当事者団体など。「性的少数者にと…

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文290文字)

あわせて読みたい

注目の特集