アンケ

喫煙可の飲食店 6割が入店避ける 分煙も2割強

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

日本医療政策機構がネット調査結果を公表

 喫煙できる飲食店に入るのを避けたい人は58%に上るとのインターネット調査結果を、民間シンクタンク「日本医療政策機構」がまとめた。分煙でも4分の1の人が入店を避けるという。国民の嫌煙志向が色濃く出た結果といい、飲食店は対応を迫られそうだ。

 7月に成立した改正健康増進法では、資本金が5000万円以下で、客席面積100平方メートル以下の既存の飲食店は、「喫煙可」と店頭に表示などをすれば経過措置として店内での喫煙が認められる。加熱式たばこも専用の喫煙室を設けて分煙すれば、飲食しなが…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文649文字)

あわせて読みたい

注目の特集