メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

筋ジス仕組み解明 英科学誌に掲載

 筋力が徐々に低下する遺伝性の難病「顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー(FSHD)」の原因遺伝子は、過度の運動など外的要因が起こす「酸化ストレス」で活発化することが分かり、京都大iPS細胞研究所の桜井英俊准教授らのチームが発表した。論文が英科学誌「ヒューマン・モレキュラー・ジェネティクス」電子版に掲載された。

 FSHDの患者は第4染色体に異常があり、「DUX4」と呼ばれる遺伝子の作用で毒性の高いたんぱく質が…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです