メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

男子200小池トップで決勝へ 飯塚も順当に

 ジャカルタ・アジア大会は第11日の28日、陸上の男子200メートル準決勝があり、小池祐貴(ANA)が全体トップタイムの20秒35で2組1着となり29日の決勝に進出した。飯塚翔太(ミズノ)も20秒64で1組2着となり順当に決勝に進んだ。

 主要国際大会で初めて日本代表になった23歳の小池が思い切りのいいレースを展開した。前半から飛ばしてトップに立つ。後半の直線では左を向いて隣のレーンを走る今…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  5. 記者の目 バルサルタン事件 無罪判決=河内敏康(東京科学環境部)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです