メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

女子シンクロ高飛び込み荒井、板橋組は4位

 ジャカルタ・アジア大会は第11日の28日、飛び込みの女子シンクロ高飛び込みで荒井祭里、板橋美波組(JSS宝塚)が301.56点で4位だった。この種目の日本勢3大会ぶりのメダルを逃した。

 出だしでつまずいた。5本の試技で争うが、1、2本目はともに入水が乱れ、得点はいずれも40点台と伸び悩んだ。8チーム中、5位と出遅れたものの、荒井は17歳、板橋は18歳。若い2人は「楽しんでいこう」と気持ち…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  3. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  4. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  5. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです