メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

男子シンクロ板飛び込み 日本勢初のメダル

飛び込み男子シンクロ3メートル板飛び込み決勝、寺内健(奥)、坂井丞組の5回目の演技=ジャカルタで2018年8月28日、宮間俊樹撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第11日の28日、飛び込みの男子シンクロ板飛び込みで坂井丞、寺内健組(ミキハウス)が408・57点で銅メダルを獲得した。

 2002年釜山大会から始まったこの種目で日本勢のメダル獲得は初めて。06年ドーハ大会以来のアジア大会の表彰台となった38歳の寺内は「率直にうれしい」と喜んだ。

 寺内と26歳の坂井が持ち味を存分に発揮した。4連覇中の中国が序盤から大きく抜け出す展開だった。2人…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  4. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  5. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです