メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(46)ソ連の仕事Ⅸ 知られざる功労者

左から西岡、許夫人、西岡夫人、許。撮影時期、場所は不明だが、若々しい西岡らの表情から、ソ連との仕事が始まった1960年代前半と推測される=西岡昌紀氏提供

北朝鮮からの亡命者

 新芸術家協会(新芸)がソ連に食い込み、リヒテルやムラヴィンスキーなど大物音楽家の招請を実現させた背後には、ソ連在住の一人の朝鮮人の協力があった。許真(ホ・ジン)または許雄培(ホ・ウンベ)という名の北朝鮮からの亡命者である。美しい日本語を話し、ソ連文化省やゴスコンツェルト(国家音楽委員会)との交渉に大きな力を発揮した。

 新芸社長・西岡芳和がいつどのように許と知り合ったのかは不明だが、2001年に筆者がインタビューした…

この記事は有料記事です。

残り2652文字(全文2871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです