メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 中学での居場所をなくし、家の部屋に閉じこもっていた少女、安西こころ。目の前で、ある日突然、鏡が光り始める。鏡をくぐり抜けると不思議な城にたどり着く。そこには、同じような境遇の男女6人が集められていた。

 直木賞作家、辻村深月さんの小説「かがみの孤城」。2018年の本屋大賞を受賞した長編ファンタジーは、なぜ多くの読者の心をつかんだのか。

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文874文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです