メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 中学での居場所をなくし、家の部屋に閉じこもっていた少女、安西こころ。目の前で、ある日突然、鏡が光り始める。鏡をくぐり抜けると不思議な城にたどり着く。そこには、同じような境遇の男女6人が集められていた。

 直木賞作家、辻村深月さんの小説「かがみの孤城」。2018年の本屋大賞を受賞した長編ファンタジーは、なぜ多くの読者の心をつかんだのか。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  3. フィギュアスケート 世界選手権 羽生、情感と執念の2位 鬼門のループ成功
  4. 習志野が好走塁 1点を追加しリード広げる
  5. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです