メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/243 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

おわりに(1)

 シアトル・マリナーズの野球帽をかぶったエドワードが、テーブルに身を乗りだしてきた。待ち切れないようにいう。

「それでタケシさんは、どうなったんですか」

 登美子は冷めたコーヒーをひと口すすり、タケシによく似た少年の明るい瞳を見つめた。もうタコマ空港についてから二時間が過ぎようとしている。年寄りの話が長いと嫌われるのも無理はなかった。けれど一度始めたら、あの不思議な少年の話をとめることなど誰にもできないだろう。

「時田家のみんなは走りづめで疲れ切っていたの。わたしも何度かうとうと眠ってしまった。タケシくんの異変に最初に気づいたのは、わたしだった」

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです