メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/243 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

おわりに(1)

 シアトル・マリナーズの野球帽をかぶったエドワードが、テーブルに身を乗りだしてきた。待ち切れないようにいう。

「それでタケシさんは、どうなったんですか」

 登美子は冷めたコーヒーをひと口すすり、タケシによく似た少年の明るい瞳を見つめた。もうタコマ空港についてから二時間が過ぎようとしている。年寄りの話が長いと嫌われるのも無理はなかった。けれど一度始めたら、あの不思議な少年の話をとめることなど誰にもできないだろう。

「時田家のみんなは走りづめで疲れ切っていたの。わたしも何度かうとうと眠ってしまった。タケシくんの異変…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文944文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです