メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/243 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

 シアトル・マリナーズの野球帽をかぶったエドワードが、テーブルに身を乗りだしてきた。待ち切れないようにいう。

「それでタケシさんは、どうなったんですか」

 登美子は冷めたコーヒーをひと口すすり、タケシによく似た少年の明るい瞳を見つめた。もうタコマ空港についてから二時間が過ぎようとしている。年寄りの話が長いと嫌われるのも無理はなかった。けれど一度始めたら、あの不思議な少年の話をとめることなど誰にもできないだろう。

「時田家のみんなは走りづめで疲れ切っていたの。わたしも何度かうとうと眠ってしまった。タケシくんの異変に最初に気づいたのは、わたしだった」

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです