メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

熊野大学 夏期セミナー 中上健次の「新宿」「新宮」 1968年と78年を切り口に

座談会で話す(左から)高澤秀次さん、●(糸へんに圭)秀実さん、やなぎみわさん=和歌山県新宮市で18日

 作家の中上健次(1946~92年)が故郷・熊野に開設した文化組織「熊野大学」の夏期恒例セミナーが18、19日、和歌山県新宮市で開催された。テーマは「中上健次1968/1978-新宿という『大学』そして部落青年文化会」。10年を隔てた二つの時代、東京・新宿と新宮という二つの場所を切り口に中上文学が議論された。全国から約50人の聴講生が集まった。

 パリの五月革命、プラハの春、ベトナム反戦運動--。「世界史の転換点」とされる68年。3年前に上京していた中上は、新宿の芳醇(ほうじゅん)な時代の空気のなかでフーテン暮らしをしながら、詩や小説を文芸誌に発表していた。ジャズ喫茶に入り浸り、学生運動にも参加した。10年後、作家としてキャリアをスタートさせていた中上は、のちの「熊野大学」につながる「部落青年文化会」を発足。吉本隆明、石原慎太郎さんら文化…

この記事は有料記事です。

残り1056文字(全文1429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです