メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いわて人模様

小石の組み写真に無限の美を見いだす医師 近江三喜男さん(70) /岩手

 水際で拾った小石の組み写真を見て、何が見えるか、何を感じるか。小石に宿るアイヌの精霊たちに目を見張った。東日本大震災後、広田半島(陸前高田市)の浜を歩いて突然、内なる美意識の変化に気づき、衝撃を受けた。

 切手大のいくつもの石の写真を数百枚切り貼りし、見てみる。何の変哲もないものが上から、左右から眺めると、石の表面の陰影や紋様が動物や人、あるいは自然の風景など意味を持つ形となる。コンピューターを使ってランダムに並べ替えてみる。色合いも変化させてみる。万華鏡をのぞいたような不思議な電脳空間にいる自分を発見した。

 以来、診療の合間にカメラを携えて、波をかぶりながらも小石を撮り続けた。2017年1月、陸前高田市の…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  2. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  3. グレタさん「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説全文

  4. サンマが黄色く変色…「メインおかず」抜きの給食に 草津の小学校

  5. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです