風疹

感染者、首都圏で増加 県内5年ぶり確認 /山形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 首都圏を中心に増加している風疹について、県内で5年ぶりとなる感染者が1人、29日までに確認された。

 県健康福祉企画課によると、感染したのは県外在住の10代男性。8月中旬に置賜地方の親戚宅を訪れ、発熱や発疹の症状が出たため同地方の医療機関を受診し、血液検査の結果、風疹に感染していたことが21日に確認…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文318文字)

あわせて読みたい

注目の特集