メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中野区

再開発 「サンプラザ、残して」 意見交換会、区長に要望相次ぐ /東京

 中野区は28日夜、JR中野駅周辺のまちづくりについて話し合うタウンミーティングを区役所で開いた。酒井直人区長に対し、約70人の参加者からは区が検討している大規模開発への慎重論が相次いだ。解体か、存続かが焦点になっている中野サンプラザについては「残してほしい」という意見が目立った。

 酒井区長は、中野サンプラザの解体と1万人収容規模のアリーナ建設の当否が問われた6月の区長選で初当選。就任後、区民と意見交換するタウンミーティングを2度開いたが、中野サンプラザをテーマにしたのは3度目の今回が初めて。

 区は冒頭、同駅周辺で検討している事業について説明。具体的には、区役所の移転・新築▽旧区役所と中野サ…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです