メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中野区

再開発 「サンプラザ、残して」 意見交換会、区長に要望相次ぐ /東京

 中野区は28日夜、JR中野駅周辺のまちづくりについて話し合うタウンミーティングを区役所で開いた。酒井直人区長に対し、約70人の参加者からは区が検討している大規模開発への慎重論が相次いだ。解体か、存続かが焦点になっている中野サンプラザについては「残してほしい」という意見が目立った。

 酒井区長は、中野サンプラザの解体と1万人収容規模のアリーナ建設の当否が問われた6月の区長選で初当選。就任後、区民と意見交換するタウンミーティングを2度開いたが、中野サンプラザをテーマにしたのは3度目の今回が初めて。

 区は冒頭、同駅周辺で検討している事業について説明。具体的には、区役所の移転・新築▽旧区役所と中野サンプラザを取り壊し、一体的に整備▽駅西側に南北通路と橋上駅舎を建設▽南口や西口での土地区画整理--などの方針を示した。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 黒川氏訓告 法務省は自衛隊処分例「把握」 森法相答弁と食い違い

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 夏の味覚・クロマグロ「脂が乗り刺し身がお勧め」 鳥取・境港で今年初の水揚げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです