メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

茨城 冷凍生食用シラス「海の輝き」 透明で身はプリプリ 県と鮮度保つ技術開発 /東京

 茨城県沖は全国有数のシラスの漁場である。近年、地元では冷凍生食用シラス「海の輝き」の生産が増えているらしい。鮮度を保つため、漁師が水揚げ直後の船上で処理をしている。とかく傷みやすいとされる生食のシラスが家庭でも手軽に味わえるようになった。【馬渕晶子】

 イワシの稚魚であるシラスは鮮度が低下しやすく、冷凍すると魚体が崩れてしまう。このため、生シラスは水揚げ直後に産地でしか食べられなかった。そこで四つの漁業協同組合でつくる「茨城県生しらす生産者協議会」が、県水産試験場とともに船上鮮度保持技術を開発し、2012年から販売が始まったのが「海の輝き」である。

 その一つ、同県日立市の久慈漁港にある久慈浜丸小漁協では8艘(そう)の漁師たちが「海の輝き」の生産に…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スバルが国内生産停止 ハンドル補助装置に不具合
  2. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  3. 鉄道事故 インフル感染、線路に転落か 女性死亡 東京・中目黒駅
  4. 女子中学生が意識不明 殺人未遂容疑で母親を逮捕 前橋
  5. 錦織が棄権、第1セット落とし第2セット途中で またジョコの壁 全豪テニス

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです