メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

茨城 冷凍生食用シラス「海の輝き」 透明で身はプリプリ 県と鮮度保つ技術開発 /東京

 茨城県沖は全国有数のシラスの漁場である。近年、地元では冷凍生食用シラス「海の輝き」の生産が増えているらしい。鮮度を保つため、漁師が水揚げ直後の船上で処理をしている。とかく傷みやすいとされる生食のシラスが家庭でも手軽に味わえるようになった。【馬渕晶子】

 イワシの稚魚であるシラスは鮮度が低下しやすく、冷凍すると魚体が崩れてしまう。このため、生シラスは水揚げ直後に産地でしか食べられなかった。そこで四つの漁業協同組合でつくる「茨城県生しらす生産者協議会」が、県水産試験場とともに船上鮮度保持技術を開発し、2012年から販売が始まったのが「海の輝き」である。

 その一つ、同県日立市の久慈漁港にある久慈浜丸小漁協では8艘(そう)の漁師たちが「海の輝き」の生産に…

この記事は有料記事です。

残り1024文字(全文1351文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです