メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展示

山崎豊子さんの愛した賢島 小説「華麗なる一族」舞台 志摩で直筆原稿など /三重

 小説「華麗なる一族」などの作品で知られる小説家、山崎豊子さん(1924~2013年)の没後5年をしのび、直筆原稿などを展示した「山崎豊子先生の愛した賢島」が29日、志摩市阿児町の近鉄賢島駅2階のカフェサミエールで始まった。9月17日まで。無料。

 山崎さんは、伊勢志摩サミットの会場となった島内の志摩観光ホテルをたびたび訪れ、同ホテルを「華麗なる一族」と「女の勲章」の舞台として描いた。

 展示会は市が企画した。「華麗なる一族」の二つづりの直筆原稿や、ノートに小説の構成をメモ書きした進行…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 元農水次官、長男殺害で懲役6年の実刑判決 東京地裁

  4. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  5. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです