メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展示

山崎豊子さんの愛した賢島 小説「華麗なる一族」舞台 志摩で直筆原稿など /三重

 小説「華麗なる一族」などの作品で知られる小説家、山崎豊子さん(1924~2013年)の没後5年をしのび、直筆原稿などを展示した「山崎豊子先生の愛した賢島」が29日、志摩市阿児町の近鉄賢島駅2階のカフェサミエールで始まった。9月17日まで。無料。

 山崎さんは、伊勢志摩サミットの会場となった島内の志摩観光ホテルをたびたび訪れ、同ホテルを「華麗なる一族」と「女の勲章」の舞台として描いた。

 展示会は市が企画した。「華麗なる一族」の二つづりの直筆原稿や、ノートに小説の構成をメモ書きした進行…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文832文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 魔裟斗&須藤元気が山本KIDさん追悼 04年&05年大みそかにKIDさんと対戦
  2. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  3. 北電 苫東1号機18日夕にも復旧 節電協力も緩和
  4. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです