メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展示

山崎豊子さんの愛した賢島 小説「華麗なる一族」舞台 志摩で直筆原稿など /三重

 小説「華麗なる一族」などの作品で知られる小説家、山崎豊子さん(1924~2013年)の没後5年をしのび、直筆原稿などを展示した「山崎豊子先生の愛した賢島」が29日、志摩市阿児町の近鉄賢島駅2階のカフェサミエールで始まった。9月17日まで。無料。

 山崎さんは、伊勢志摩サミットの会場となった島内の志摩観光ホテルをたびたび訪れ、同ホテルを「華麗なる一族」と「女の勲章」の舞台として描いた。

 展示会は市が企画した。「華麗なる一族」の二つづりの直筆原稿や、ノートに小説の構成をメモ書きした進行…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文832文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです