メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

草津宿本陣

何が出るかな?宝の山 古文書8600点、解読進む 吉良上野介や新選組も利用 /滋賀

古文書の紙質や大きさ、ページ数などを調べる学生=滋賀県草津市の草津宿街道交流館で、礒野健一撮影

 東海道と中山道の分岐点にある宿場町として栄えた「草津宿」の本陣に残る古文書など資料約8600点の分類・解読を、草津市教委が3年計画で進めている。過去の調査で「忠臣蔵」で有名な吉良上野介や、新選組の土方歳三らが利用した記録が見つかっているが、担当者は「未整理の資料がほとんどで、まさに宝の山。どんな新発見が出るか楽しみ」と期待する。【礒野健一】

 草津宿には、大名や公家らが休憩・宿泊する本陣が2軒あった。そのうち、現存する「田中七左衛門本陣」は…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 俳優の織本順吉さん死去、92歳 名脇役 「仁義なき戦い」シリーズ
  3. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  4. 「戦国テンプレート」発売 武将の家紋、手軽に コクヨ滋賀
  5. 大麻所持容疑 「様子おかしい」と学校が通報 中学生逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです