メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はるかな宇宙へ

県立大西はりま天文台からの便り/149 M16「わし星雲」 /兵庫

 8月が終わり9月を迎える時期、実はこれから天の川が見ごろになります。天の川の中でも濃くきれいに見える部分を夜の早い時間帯で空高くに見ることができます。特に、いて座とさそり座、へび座などに囲まれたあたりは最も濃い領域で、双眼鏡や望遠鏡でのぞいて見ると多くの星雲を見ることができます。その一つにM16「わし星雲」があります。

 わし星雲は、へび座のしっぽ側で、いて座に近い領域にある星雲です。太陽よりもずっと重い大質量の恒星が生まれている現場の一つとして知られています。このわし星雲の中心部を西はりま天文台にある「なゆた望遠鏡」を用いて撮影しました。すると何やら「柱」のようなものが写っています。この「柱」は、水素のガスが大量に集まった分子雲と呼ばれるものです。こうした分子雲の内部にはガスが濃い領域があり、そこで恒星が誕生し…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです