メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊エンタメ

岡林信康デビュー50周年 来月、記念コンサート /福岡

 シンガー・ソングライター、岡林信康(72)のデビュー50周年記念コンサートが9月13日午後7時と14日午後6時、福岡市早良区百道2のももちパレスで開かれる。

 岡林は滋賀県出身。同志社大在学中に東京・山谷で日雇い労働者生活を体験、独学で作詞作曲を始めた。1968年、「山谷ブルース」でデビュー。貧しい家庭の子供を歌った「チューリップのアップリケ」(69年)などで若者の心をつかみ、“フォークの神様”と呼ばれた。

 71年に「俺らいちぬけた」を発表して若者音楽シーンから撤退。京都での山村生活をへて演歌に開眼。80、90年代は民謡や盆踊りをベースにしたエンヤトットミュージックを創出。韓国の打楽器グループやジャズの山下洋輔との共演で音楽の幅を広げている。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです