メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

新聞連載小説の歴史は? 始まりは1875年 漱石や鴎外も執筆=回答・内藤麻里子

夏目漱石

 なるほドリ お笑い芸人でもある作家の又吉直樹(またよしなおき)さんが連載小説(れんさいしょうせつ)を始めるんだってね。

 記者 「人間(にんげん)」というタイトルで、9月3日から毎日新聞で初の連載小説に挑戦します。

 Q 今まで毎日新聞ではどんな作家が連載しているの?

 A 平成だけでも、宮尾登美子(みやおとみこ)さん「藏(くら)」▽宮本輝(みやもとてる)さん「草原(そうげん)の椅子(いす)」▽林真理子(はやしまりこ)さん「下流(かりゅう)の宴(うたげ)」▽中村文則(なかむらふみのり)さん「あなたが消えた夜に」▽道尾秀介(みちおしゅうすけ)さん「満月の泥枕(どろまくら)」など。多彩な作家の作品が並んでいます。

 Q そもそも新聞で連載小説という形が始まったのはいつ?

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文1033文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです