特集

公文書・歴史の記録

毎日新聞デジタルの「公文書・歴史の記録」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

カンボジアPKO

25年前の文民警察官銃撃死、報告書は既になく 警察庁、隊員アンケートも「保存せず」

  • コメント
  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
高田晴行警視の遺影を抱え、カンボジアから帰国した日本人文民警察隊員。先頭は山崎裕人隊長=成田空港で1993年7月8日
高田晴行警視の遺影を抱え、カンボジアから帰国した日本人文民警察隊員。先頭は山崎裕人隊長=成田空港で1993年7月8日

 25年前に高田晴行警部補(当時33歳、後に警視に昇任)が死亡したカンボジアでの日本人文民警察官による国連平和維持活動(PKO)について、隊長が作成した総括報告や、警察庁が帰還した隊員に実施したアンケート調査結果などについて、同庁は保存していないことを明らかにした。関係者は「記録を残し、教訓にすべきだ」と訴える。【青島顕】

 1993年5月4日、タイ国境に近いカンボジア北西部を移動中の日本人文民警察官5人が乗った車列が武装勢力に銃撃され、岡山県警の高田警部補が死亡し、4人が重軽傷を負った。カンボジアでは当時、日本人文民警察官75人がPKOに派遣されており、和平合意後初の総選挙に向けて支援活動をしていた。

この記事は有料記事です。

残り1755文字(全文2059文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集