メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞の情報公開請求(2012年)に基づき開示された死刑執行に関する文書。黒塗り部分が目立つ

Q オウム真理教事件の死刑囚13人の刑執行が大きく報じられたけど、死刑執行は公表されるの?

A 執行当日に法相が記者会見し、死刑囚の氏名や犯罪内容、執行場所を公表しています。かつては他の死刑囚の心情の安定や遺族感情への配慮から公表されず、報道機関の取材などによって明らかになっていました。

07年から氏名明らかに

Q 公表が始まったのはいつ?

A 1998年に当時の中村正三郎法相が「隠す理由はない」などとして情報公開を進める意向を示し、その年の11月、初めて執行の事実と人数を公表しました。さらに2007年に就任した鳩山邦夫法相が法務省内に勉強会を設けて検討し、同年12月の執行時に氏名の公表に踏み切りました。

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文856文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです