メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤い「踏み絵」

中国カトリックは今/2 見捨てられる不安 法王の接近に広がる衝撃

河北省の地下教会がある村。閉ざされた門に開いた穴から立派な教会が見え、信者のあつい信仰心がうかがえた

 4月1日未明、カトリックを信仰する中国の男性から震える声で記者に連絡があった。「約束の場所に行けなくなった。当局の人間が自宅に来て『外出するな』と警告した」

 男性は政府非公認の地下教会の信者だ。中国は1951年にカトリック総本山・バチカンと断交状態になった。その後、共産党の指導を受け入れた公認教会と、当局の介入を拒んでバチカンに服従を誓う地下教会とに分裂した。

 男性とは翌2日に、河北省の地下教会がある村で落ち合うはずだった。男性は別の省から定期的に、その村の…

この記事は有料記事です。

残り1082文字(全文1314文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです