メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

携帯電話料金

値下げ、強まる圧力 各社反発「サービス高品質」 総務省指摘「競い合い不足」

世帯の携帯電話料金の推移

 お年寄りから学生までスマートフォンの普及が進む中、政府は「家計への負担が大きい」として携帯大手各社に料金引き下げを求めている。菅義偉官房長官が「4割値下げの余地がある」と“数値目標”にまで言及したことに、各社からは反発の声が上がる。ただ、利用者も料金への不満は強く、各社は一層の経営努力を迫られそうだ。

 菅氏は27日の記者会見でも、日本の携帯電話料金について「経済協力開発機構(OECD)加盟国平均の2…

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文991文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです