メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

財務省

組織改革、秋に方向性 消費増税、国民へ還元 岡本薫明・財務次官インタビュー

財務省の岡本薫明次官=岡大介撮影

 学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざん問題や、前次官のセクハラ問題など不祥事で揺れた財務省。7月に就任した岡本薫明事務次官は29日、毎日新聞のインタビューに応じ、信頼回復に向けた組織改革の方向性を今秋中に打ち出す方針を示した。一問一答は次の通り。【聞き手・井出晋平】

 --国民の信頼回復に向けた組織の立て直しをどう進めますか?

 ◆予算、税といった国民生活に関わりの深い仕事を担う財務省が、国民の信頼を損ねているのはゆゆしき事態…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文874文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです