メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

トランプ氏の行方、2閣僚に注目!=東洋大学国際学部教授・横江公美

 元選対本部長が有罪評決を受け、トランプ米大統領は最大の窮地に陥っている。連日、「私が大統領でなくなると景気が悪くなる」「司法の越権だ」と発信し、弾劾されるべきではないと訴えている。

 トランプ氏にとってここで一番重要になるのは、11月の中間選挙である。大統領が弾劾されるかどうかは、共和党と民主党の議会のバランス次第だからだ。現在のように上下両院で共和党が多数派であれば、トランプ氏は弾劾されることはまずない。だが、中間選挙で民主党が勝利し議会多数派になると、弾劾は一気に現実味を帯びる。

 トランプ氏は週3~5日応援演説を行うなど、今までで最も中間選挙に時間をかける大統領だと言われている。もはや政権運営ができないほど人心が離れたとなれば、ニクソン大統領のように自らひくこともあり得るが、今のトランプ氏は再選への意欲に満ちあふれている。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです