アスベスト

教員の石綿訴訟、遺族が逆転敗訴 東京高裁判決

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 埼玉県戸田市の小学校教諭だった男性(当時54歳)が、中皮腫で死亡したのは校舎に使われたアスベスト(石綿)が原因だとして男性の妻(66)が「公務外災害」とした地方公務員災害補償基金の処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が29日、東京高裁であった。斉木敏文裁判長は妻の請求を認めた1審判決を取り消し、…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

あわせて読みたい

注目の特集