メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者フリーゾーン

子供たちの「第二の家」に 学習支援ボランティア・安藤早穂さん(19)

安藤早穂氏

 <くらしナビ おとなへステップ>

安藤早穂(あんどう・さほ)さん

 東日本大(だい)震(しん)災(さい)や熊(くま)本(もと)地(じ)震(しん)で避(ひ)難(なん)した小中高校生を対象にした無料の学習室で、勉強を教えるボランティアをしています。2011年から大学生が中心となって企(き)画(かく)・運営しており、「とどろき学習室」(川(かわ)崎(さき)市(し)中原区)と「よこはま学習室」(横(よこ)浜(はま)市(し)西区)の2拠(きょ)点(てん)があります。私(わたし)は17年11月から「よこはま学習室」(毎週火曜日と土曜日に開(かい)催(さい))に参加しており、今は火曜日のリーダーを務めています。

 このボランティア活動に加わったのは、教育に関心があったからです。神(か)奈(な)川(がわ)学園高校時代、文化祭で「格差社会」の展示・発表に携(たずさ)わりました。所得による教育格差や、奨(しょう)学(がく)金(きん)の返(へん)還(かん)に苦しむ大学生の存在を知り、衝(しょう)撃(げき)を受けました。子供たちが「平等な教育」を受けられるような活動に協力したいと考えました。

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文1050文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. コロナ交付金で「感染差別根絶の鐘」はあり? 佐賀県議会で激論に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです