メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

極地の氷床は急激に増減か 3万年の海水面分析

 <ピックアップ>

 南極大陸や北極圏の氷床が気温の変化によって従来の推定より急激に増減する可能性があると、東京大などの研究チームが英科学誌ネイチャーに発表した。オーストラリア北東部沿岸にある世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフ沖合で掘削したサンゴの化石の層を使い、過去3万年間の海水面の変化を分析した。

 サンゴは種によって生息する深度が異なるため、化石の層を調べると過去の海水面の位置が推定できる。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文547文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交通事故 横断中の男性、タクシーにはねられ死亡 札幌 /北海道
  2. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更
  5. 神奈川県警 71歳男を逮捕 横浜の商店街で女性刺傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです