メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改善主義

ボクシング 「社会」子どもから学ぶ=村田諒太

 

 相変わらず慌ただしく過ごしています。ただ、最近、どうやったら慌ただしさから抜け出せるかを見いだしました。無理やり休む時間を作ることです。自ら能動的に休みを作らない限りは「まず休めることはない」と痛感しています。キリスト教の聖職者が「忙しい時ほど教会に来てください」と言っていたことなどを思い出しています。

 休むには、実は勇気が必要です。働いている時は自分が社会から必要とされている気もします。無駄なことを…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1015文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです