メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ界不祥事

競技団体へ募る不信感 解決、国頼み

今年発覚したスポーツ界の主な不祥事や騒動

 2年後に東京五輪を控える日本のスポーツ界で、不祥事や騒動が相次いでいる。競技団体のガバナンス(組織統治)への不信感が、国の関与を求める動きを加速させている。

 日本バスケットボール協会は来月5日の定例理事会を待つことなく、前倒しで処分を決めた。三屋裕子会長は記者会見で「素早い対応と、情報公開による透明性を持つことが組織を守る一番の方法」と強調した。日本協会は4年前、国内リーグを統合できず、ガバナンス能力を欠くとして国際連盟(FIBA)から資格停止処分を科され、国などが介入に乗り出した経緯があり、今回は自浄作用を示す必要があった。

 一方、競技団体への不信感は拭えないままだ。不祥事対策を検討する超党派のスポーツ議員連盟のプロジェク…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文704文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです