メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features・2020年へ

ジャカルタ・アジア大会 柔道 ベイカー茉秋(23) 「伝説」へ、闘志再点火

ベイカー茉秋 柔よく痛制す

 <フィーチャーズ アジア大会2018>

ベイカー茉秋(ましゅう)

 2016年リオデジャネイロ五輪では強豪ひしめく男子90キロ級で日本勢として初の金メダルを獲得した。「(五輪2連覇して)柔道界のレジェンド(伝説)になりたい」と話した威勢の良さは、17年春の右肩の脱臼と手術による不調とともに消えた。今は「また一からのスタート。はい上がるしかない」と、アジア大会を再浮上の舞台と位置づけて臨む。

 リオ五輪は代表最年少で、唯一の大学生だった。初の大舞台にも物おじせず、世界ランキング1位(当時)の実力を発揮。ガッツポーズの自粛を求められていたが、優勝すると派手に右手人さし指を突き上げてみせた。井上康生監督からは「新種」と言われたが、強さと快活さを兼ね備えた柔道界の新しい顔として期待されてもいた。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  3. 電通が本社勤務の5000人を在宅勤務に 50代社員の新型コロナ感染で 最低2週間

  4. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  5. 中国、日本に新型コロナの検査キット提供 「ウイルスとの戦いに国境はない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです