メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

指導中暴力 コーチ処分 宮川選手、撤回訴える 体操協会は反論

記者会見する宮川紗江選手=東京都千代田区で2018年8月29日午後4時45分、藤井達也撮影

 2016年リオデジャネイロ五輪体操女子代表の宮川紗江選手(18)が29日、東京都内で記者会見した。自らへの指導中の暴力を理由に日本体操協会から無期限の登録抹消処分を受けた速見佑斗コーチ(34)について、宮川選手は「一緒に2020年東京五輪を目指したい」と訴え、処分の早期撤回と指導継続を求めた。一方、日本協会も同日記者会見して反論し、主張は食い違いを見せている。

 宮川選手は、速見氏から顔をたたかれたり、髪の毛を引っ張られたりするなどの暴力行為を受けたことは認めた。時期は1年以上前までで、大けがにつながるようなミスなどをした際に限られ、「指導をパワーハラスメントと感じたことはない。処分は重すぎる」とした。「毎日不安で練習に集中できない。責任を持って戦えない」とし、世界選手権(10~11月、ドーハ)代表候補を辞退することも明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです