メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク日本シリーズ3連覇
岐阜の入院患者死亡

熱中症死の危険認識か 冷房故障後、患者の一部移動

 岐阜市のY&M藤掛第一病院に入院していた高齢患者が相次いで死亡した問題で、26日夜~27日午前に死亡した80代の男女4人に加え、84歳男性が28日夜に死亡したことが29日明らかになった。いずれも熱中症で死亡した疑いがあり、28、29日に立ち入り検査した岐阜市は、病院側がエアコンの故障した3、4階に患者を残していることの危険性を認識していたとの見方を強めている。【沼田亮、高井瞳、駒木智一、高橋龍介】

 病院での死者は5人になった。いずれも病院から岐阜県警への通報はなかった。84歳男性は当初、3階にい…

この記事は有料記事です。

残り2318文字(全文2569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです