メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR四国

7月運輸収入 前年の74% 西日本豪雨影響

 JR四国(高松市)が発表した7月の運輸収入は前年同月比で約74%にとどまり、阪神大震災直後(1995年2、3月)以来の大幅な落ち込みとなった。9月13日に卯之町-宇和島間の運転が再開することで西日本豪雨による不通区間は解消するが、約20億円に上る復旧費用も経営にのしかかる。同社は観光客誘致を進め、運輸収入を増やしたい考えだ。【植松晃一】

 JRによると運輸収入の内訳は普通収入22億2500万円(前年同月比71.3%)、定期収入3億800…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1072文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 仙台ドン・キホーテに爆破予告 一時営業休止、買い物客ら避難 不審物見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです