メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR四国

7月運輸収入 前年の74% 西日本豪雨影響

 JR四国(高松市)が発表した7月の運輸収入は前年同月比で約74%にとどまり、阪神大震災直後(1995年2、3月)以来の大幅な落ち込みとなった。9月13日に卯之町-宇和島間の運転が再開することで西日本豪雨による不通区間は解消するが、約20億円に上る復旧費用も経営にのしかかる。同社は観光客誘致を進め、運輸収入を増やしたい考えだ。【植松晃一】

 JRによると運輸収入の内訳は普通収入22億2500万円(前年同月比71.3%)、定期収入3億800…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1072文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです