メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

成田空港

AI活用ボーディングブリッジ 来春試験導入

自動装着機能付きの搭乗橋が試験導入される第2旅客ターミナル64番スポット=成田空港第2旅客ターミナルビルで、中村宰和撮影

 成田空港に来年3月、航空機に10センチまで自動で接近する航空旅客搭乗橋2基が試験導入される。現在は手動で動かしているが、新たな搭乗橋は人工知能(AI)やカメラ、画像処理装置、レーザー距離計で構成させる最新システムを搭載しており、本格導入につなげて効率性や安全性を向上させたい考えだ。

 搭乗橋は地上スタッフが操作し、着陸して駐機場に移動してきた航空機のドアに装着後、旅客が内部の通路を通って乗り降りする。

 試験導入される搭乗橋は、先端に取り付けたカメラが航空機のドアを撮影し、画像処理装置で正確な位置を特…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです