松代大本営

工事に従事の朝鮮人労働者名簿 米国で発見

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
帰国を希望する朝鮮人労働者らの名簿。実際に帰国したかどうかは不明=長野市で、ガン・クリスティーナ撮影
帰国を希望する朝鮮人労働者らの名簿。実際に帰国したかどうかは不明=長野市で、ガン・クリスティーナ撮影

 太平洋戦争末期、本土決戦に備えて、大本営や政府機関などを移転するために作られた松代大本営地下壕(ごう)(長野市)の工事などに従事した、朝鮮人労働者などの名簿が見つかった。2600人を超える名前や本籍の住所、年齢などが記されており、労働者の妻や子どもと思われる名前もあって、これほどの人数の名簿が見つかったのは初めてとみられる。【ガン・クリスティーナ】

 資料は、国学院大学の上山和雄名誉教授(71)=日本近現代史=が、1990年代初め、戦後に日本から押収した資料を保管している米議会図書館で発見した。資料の表紙には「帰鮮関係編纂(へんさん)」と「内鮮調査報告書類編冊」というタイトルがつけられ、名簿のほか帰国希望者の人数を記録した書類などがまとめられている。

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1459文字)

あわせて読みたい

ニュース特集