ソフトバンク

新料金プラン「通信料25~30%値下げ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
端末と通信料金を分離した携帯3社の新プラン
端末と通信料金を分離した携帯3社の新プラン

 ソフトバンクは29日、スマートフォン端末代金を値引きしない代わりに、月々の料金を引き下げる新料金プランを発表した。9月6日から提供する。月々の通信料金だけを比べると、多くの場合、従来より3割程度安くなるという。NTTドコモやKDDI(au)はすでに端末代金と通信料金を分離したプランを一部導入済みで、ソフトバンクも新プランを提供することで消費者の選択の幅が広がりそうだ。

 携帯大手3社は従来、高額なスマホの新機種の代金を通信料金とセットにした分割払いのプランが主流だった。しかし、利用者から「料金体系が複雑で分かりにくい」との批判があった。また、携帯料金をめぐっては、菅義偉官房長官が「4割程度下げる余地がある」と発言するなど政府から値下げを求める声も強まっている。3社には端末代金と通信料金を分離した新プランをアピールし、値下げ圧力をかわしたい思惑もうかがえる。

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文728文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集