メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
中部電力

「家電ごと」電気代見える化 新サービス導入

家電ごとに電気使用割合や料金の推計値、前年比をホームページで把握できる=中部電力提供

 中部電力は29日、エアコンや冷蔵庫など家電ごとの電気使用割合や電気代の推計値が分かる新サービスを9月2日から始めると発表した。計測器を用いず、同社が独自開発した計算式で、家族の人数や気温などを勘案しながら算出するのが特徴。大手電力では初の取り組みという。

 担当者は「待機電力の抑制や古くなった家電の買い替えなど、省エネのヒントにしてほしい」としている。

 新サービスは、中部電の会員サービス「カテエネ」に入り、電気使用量を自動集計する次世代電力計「スマー…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文492文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです