メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カナダ

米国製品の不買運動 反トランプ、貿易摩擦に不満

 カナダで「米国第一主義」のトランプ米大統領に対する反発から、米国製品の不買運動が起きている。鉄鋼などに追加関税を課す米国の輸入制限発動で貿易摩擦が激しくなり、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉も米国のペースで進められてきたことに、カナダ国民の不満が表れた形だ。

 米国製品ボイコットは、カナダで6月開かれた主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)が契機となった。トランプ氏は終了後、カナダのトルドー首相を「不誠実で弱虫だ」と批判、首脳宣言の承認を拒否した。調査会社イプソスが6月、カナダ人…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 全盲女性にCBCが謝罪と和解金 コンサートで不適切対応

  5. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです