トランプ氏

対パレスチナ圧力強化 和平交渉仲介が狙いか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トランプ米大統領=高本耕太撮影
トランプ米大統領=高本耕太撮影

 【エルサレム高橋宗男】米トランプ政権がパレスチナに対する圧力を強めている。今月24日には国務省高官が「米国の国益に沿うか見直した」と述べ、パレスチナ自治政府向けの2億ドル(約222億円)の支援撤回を表明した。米政府がテロ組織と認定するイスラム組織ハマスがパレスチナ自治区ガザを実効支配していることも考慮したという。イスラエルとの和平交渉で米国の仲介を拒絶するパレスチナ側に受け入れを迫る狙いがありそうだ。

 パレスチナ解放機構(PLO)幹部のアシュラウィ氏は米政権が「卑劣な脅しを政治的手段として使っている」と声明で非難。「パレスチナ人や指導部はひるむことも屈することもない」と反発した。

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1107文字)

あわせて読みたい

注目の特集