メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

法務省

無戸籍解消へ研究会 母子の「嫡出否認」検討も

法務省=竹内紀臣撮影

 出生届が出されず戸籍に記載のない「無戸籍者」の解消に向け、法務省は10月にも、民法見直しを検討する有識者研究会を発足させる。無戸籍者問題は、婚姻中の妊娠は夫の子とみなす民法の規定(嫡出推定)が原因とされ、研究会は、嫡出推定を否認する訴えを女性や子も起こせるようにできるか検討する。

 民法は「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子と推定する」と規定。ドメスティックバイオレンス…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  4. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  5. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです