アジア大会

岡田、満面の笑み 女子20キロ競歩「銅」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ジャカルタ・アジア大会は第12日の29日、陸上の女子20キロ競歩が行われ、岡田久美子(ビックカメラ)が1時間34分2秒で3位となった。この種目の日本勢では2010年広州大会(中国)の渕瀬真寿美以来、2大会ぶりのメダルとなった。日本競歩界は男子の活躍が目立つ状況で、女子のエースの岡田が主要国際大会で初めてメダルを手にして意地を見せた。

 中国との力の差を冷静に見極めて銅メダルだけを狙った。中国は昨年の世界選手権優勝の楊家玉と16年リオデジャネイロ五輪5位の切陽什姐の実力者2人で「今の自分には追いかけられない」。4キロ過ぎで中国勢がペースを上げても慌てずに自分のペースを貫いた。3位を争ったインド勢の2人がペースが安定せずに失速したのとは対照的に、最後まで安定した歩きを見せた。

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文815文字)

あわせて読みたい

ニュース特集