メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

栃ノ心が久々の稽古 「相撲勘、戻ってくる」

久々の相撲を取り終え、ぶつかり稽古で胸を出す栃ノ心=東京都墨田区の春日野部屋で2018年8月29日、飯山太郎撮影

 大相撲秋場所(9月9日初日、東京・両国国技館)をカド番で迎える大関・栃ノ心が29日、東京都墨田区の春日野部屋で、右足親指を痛めて途中休場した名古屋場所以来、久々に稽古(けいこ)の相撲を取った。

 栃ノ心は先場所7日目から休場した。この日の稽古では、幕下と三段目の力士計4人と26番。土俵を割る場面もあ…

この記事は有料記事です。

残り76文字(全文226文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  5. 乗客が嘔吐 とっさにワイシャツ脱ぎ処理 救護の高3に感謝状

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです