メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

小池、肩でつかんだ「金」 陸上男子200m

 ジャカルタ・アジア大会は第12日の29日、陸上の男子200メートル決勝があり、小池祐貴(ANA)が20秒23(追い風0.7メートル)で金メダルを獲得した。この種目で日本勢の金メダルは2006年ドーハ大会の末続慎吾以来。飯塚翔太(ミズノ)は20秒68で6位だった。

 まだ日本一も経験していない社会人1年目で23歳の小池が一足飛びにアジアの頂点に立った。楊俊瀚(台湾)とは、わずか1000分の2秒、距離にして約2センチ差。小池は「金メダルを目標で口にしていたけど、本当に実現するとは。あぜんとして実感が湧きません」と初々しく喜んだ。

 後半の直線に入ると右隣のレーンの楊俊瀚とトップ争い。ほぼ並走状態で互いに一歩も譲らない。「150メ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです