メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

記憶に忠実なら虚偽ではない? 与党“拒否”に疑問

衆院予算委員会の証人喚問を終えた佐川前国税庁長官=3月27日、藤井達也撮影

 森友学園への国有地売却問題を巡り、佐川宣寿前国税庁長官が3月の証人喚問で語った内容は、その後の財務省の調査報告書と矛盾点を残している。野党は議院証言法違反(偽証)容疑で告発状をまとめたが、自民、公明両党が「記憶に忠実なら虚偽ではない」「事実認定が推論に過ぎない」と拒否したままだ。本当に告発は必要ないのか。告発状を再点検した。【和田浩幸】

 告発状は、佐川氏が衆参の予算委員会で行った証言と、財務省が6月に公表した「決裁文書の改ざん等に関す…

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1187文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです