メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第1部 語る/4 ポスト冷戦の民主主義、ネットが外した重し

首相官邸前で集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議する人たち。機能強化が進んだ官邸への直接行動に多くの人が加わるようになった=東京都千代田区で2014年7月1日、徳野仁子撮影

 小松浩主筆 東西冷戦の終えんによって秩序が変動し、冷戦期には機能していたさまざまな前提が崩壊する中で、どうやってこの日本という国の社会を維持していくかという制度設計ができないまま30年たったという印象を受けます。平成に入ってからの日本の民主主義、ポスト冷戦のデモクラシーとはどういう特徴を持つのでしょう。

 三谷太一郎氏 そもそも国民が主権者とされますが、それが具体的に何を意味するかということは、今まで憲…

この記事は有料記事です。

残り3353文字(全文3556文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  5. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです