メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第1部 語る/4 ポスト冷戦の民主主義、ネットが外した重し

首相官邸前で集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議する人たち。機能強化が進んだ官邸への直接行動に多くの人が加わるようになった=東京都千代田区で2014年7月1日、徳野仁子撮影

 小松浩主筆 東西冷戦の終えんによって秩序が変動し、冷戦期には機能していたさまざまな前提が崩壊する中で、どうやってこの日本という国の社会を維持していくかという制度設計ができないまま30年たったという印象を受けます。平成に入ってからの日本の民主主義、ポスト冷戦のデモクラシーとはどういう特徴を持つのでしょう。

 三谷太一郎氏 そもそも国民が主権者とされますが、それが具体的に何を意味するかということは、今まで憲…

この記事は有料記事です。

残り3353文字(全文3556文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  4. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  5. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです