メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第1部 語る/4 ポスト冷戦の民主主義、ネットが外した重し

首相官邸前で集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議する人たち。機能強化が進んだ官邸への直接行動に多くの人が加わるようになった=東京都千代田区で2014年7月1日、徳野仁子撮影

 小松浩主筆 東西冷戦の終えんによって秩序が変動し、冷戦期には機能していたさまざまな前提が崩壊する中で、どうやってこの日本という国の社会を維持していくかという制度設計ができないまま30年たったという印象を受けます。平成に入ってからの日本の民主主義、ポスト冷戦のデモクラシーとはどういう特徴を持つのでしょう。

 三谷太一郎氏 そもそも国民が主権者とされますが、それが具体的に何を意味するかということは、今まで憲…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  3. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
  4. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです