特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はや2くん質問箱

僕がリュウグウに行ったらスーパーマンになれますか?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
拡大

 Q 小惑星リュウグウ自身の引力はかなり小さいものと想像してるのですが、(表面にいると)自転による遠心力で飛ばされちゃうってことはないですか? また僕が行ったらスーパーマンになれますか?(amu・15歳)

 A リュウグウと地球の引力を比較すると、地球の引力を振り切る速度(脱出速度)は毎秒約11.2キロですが、リュウグウの場合は毎秒37センチくらいです。つまり、リュウグウの重力は地球の重力の数万分の一ということになります。一方、リュウグウの赤道付近での遠心力による加速度はリュウグウの重力による加速度よりも十分小さいですから、遠心力で飛ばされてしまうということはありません。

 なお、リュウグウからの脱出速度が毎秒37センチくらいですから、リュウグウの上で大きくジャンプをするとこの速度を簡単に越えることができると思います。大きくジャンプをした人はリュウグウから打ち上がってしまって、リュウグウの表面に戻ることはできません。そのまま太陽の周りを回る「人工惑星」になってしまいます。


 探査機「はやぶさ2」の旅や機体のこと、小惑星リュウグウの素顔、太陽系探査のこれからなど、なんでもQ&Aを紹介します。「!」や「?」がいっぱい見つかるはずです。このコーナーは、日本惑星協会の「『はやぶさ2』どんなことでも質問 ” 箱 ”」から許可を得て転載しています。質問がある場合は、同協会のウェブサイトから投稿してください。

【はやぶさ2】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集