メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/244 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

おわりに(2)

「戦後はそれはたいへんだった。とにかく貧乏で、たべものが足りなくてねえ。でも、うちのお父さんが帰って、よっさんも元気だったし、またメリヤス編みの町工場を始めたの」

 あの頃の編み機の音が懐かしかった。女学校を卒業してから、登美子も帳簿の仕事を手伝ったのである。

「高度成長が終わる頃、メリヤス編みはすっかりすたれてしまってね。工場と近くにあった倉庫の跡地に、マンションを建てたの。時田家の家業は今ではマンション経営よ。不動産なんて縁がなかったんだけど、亡くなった弟の直邦が意外に目端が利いてね」

 もう七十年以上になるのか。あの夜、炎のなかを逃げ回っていた七人のうち、今生きているのは自分が最後になってしまった。遠いとおい昔のようにも、つい先日のようにも思える。エリーが涙目で微笑(ほほえ)んでいった。

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文961文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです