メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜・入院患者死亡

病院、エアコン定期点検せず 過去にも故障

 岐阜市のY&M藤掛第一病院に入院していた高齢患者5人が熱中症の疑いで相次ぎ死亡した問題で、病院は病室のエアコンについて定期的な点検をしていなかったことが岐阜市への取材で分かった。過去にも故障したことがあり、その都度、修理していたという。

 病院の3、4階のエアコンは20日に故障し、3、4階の病室にいた患者5人が26~28日に死亡した。岐阜県警は業務上過失致死の疑いもあるとみて、エアコンの故障や病院側の対応と患者死亡の関係を捜査している。

 岐阜市によると、市は28、29日、医療法に基づいて立ち入り検査を計2回実施した。その際、病院側はエ…

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文803文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 診療所のクマ、冬眠中の親子か 3頭を捕獲、けが人なし 新潟

  4. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

  5. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです