メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

京都市南区東九条など(映画「パッチギ!」) ひしめく命、原色の記憶

 1968年の京都を舞台に、在日コリアンと日本人の高校生の恋模様や友情を描いた映画「パッチギ!」(2005年公開)。南北に分断された朝鮮半島を自由に行き来する水鳥を平和の象徴として歌った「イムジン河」が物語の軸を貫く。今年は国際情勢の激動の中で韓国と北朝鮮の首脳会談も行われた。朝鮮半島情勢が転換点を迎えた今、改めて映画が撮影された京都市内の各地を歩いた。【野口由紀】

 銀閣寺近くの朝鮮高校に通い、無軌道にけんかばかり繰り返すアンソン(高岡蒼佑)と、妹のキョンジャ(沢…

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1415文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです